沖縄は台風以外は季節的にも住みよいところ、 

沖縄へは観光ツアーで何度も訪ねたことがあり、国内としては北海道に次いで好きな地域です。

マリンブルーに輝く海のレジャーの楽しみは勿論、他にも観光や遊び事、有名人も多く輩出している沖縄歌曲や芸能など、それに沖縄独特の琉球料理などの美味しい食べ物も沢山あり、若い人、修学旅行先としても人気も高いのです。

沖縄へ行くには、本土からですと沖縄本島の那覇空港までとなり、東京や大阪、それに名古屋の都市圏内からの直行便が、多種の航空会社から1日に何便も運航されています。

しかし沖縄には電車が無いので各地を回る時には車を利用するのが便利です。

那覇空港でレンタカーを借りるのがおすすめです。

借りるときはネットで予約するのが一番良い方法です。

レンタカー那覇空港というクエリで検索すると簡単に予約できるサイトが出てきます。

因みに、沖縄と言う言葉は琉球語で「ウチナー(うちなー)」から発していて、即ち、琉球が日本に併合されてから沖縄という地名になったので、沖縄本島、今では沖縄県を指しています。

このように沖縄は、歴史的に言うと元をただせば琉球・沖縄にも一貫した歴史があって、神話時代からグスクや三山時代(本島三つの地域独立時代)があり、琉球王国自体一つの独立した国家であった。

ところが其の後、九州、島津藩や日本国においては明治維新に琉球処分や併合が行われ、現在に到っているのです。

その後は御存じ、大東亜戦争時のアメリカとの戦争には、凄惨な悲劇的な目に遇っていて、それらの遺構群も多数あります。

このように、今も残る基地問題は沖縄の悩みの種となっていまし、また、沖縄は年に数回台風が襲うところでもありますが、これらを除いたら沖縄は住みよいところではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です